SEOライティングを簡単にまとめると。

中小企業の経営コンサルティングを探し始める1か月前までは「SEOライティング」と言われてもイマイチ、ピンと来ていなかった私ですが、要は「みんなが検索しているワード」を想像しましょうというところではないかなと落ち着きました。
渋谷のシェアオフィスを比較検討していた初心者のときは、???状態でしたが自分自身がグーグルやヤフーにどんな検索キーワードを入れるかをイメージするだけで習得は難しいものではないと思います。
「ライター」と調べれば、何百万と検索結果がでてきますが、調べたいのは「ライター 収入」だったり「ライター 資格」といった目的が2つ目にきます。

「就職 東京」、「就職 文系」などさまざまなキーワードが並びます。
それを検索した人間が知りたいものを書くというのが、SEOライティングなのだと考えます。
ライターになりたいが、収入はどのくらい得られるのか。
ライターになるために必要な、もしくはあった方が良い資格は何か。
就職を東京で考えているが、どんなものがあるか。
文系だが、どんなところに就職しやすいか。
検索した人の分だけ、バックグラウンドがあります。

そして、ブログの記事を執筆する際も書きたいものよりも先にこのキーワードを決めることが先決だと思います。
検索キーワードから、想像力・情報収集能力を駆使して記事を書くのがSEO上位にくる秘訣かと、浅い経験から思いました。
検索ワードがわからないときは、「キーワード 検索 アプリ」とかで調べれば、すぐに出てきます。
何が良く検索されているのかを見て、今話題のキーワードを盛り込みながら執筆する。
盛り込む際も適当ではなく、当然タイトルや見出し、見出し2にも満遍なく。
なるべくキーワード同士、話して入れていくと記事としてもナチュラルで、またAIにも友好的に見てもらえると思います。

SEO対策のワードを並べただけの記事は、中身がないほか、逆効果だと感じます。
よくそんな文章で、とりあえず文字装飾だけしたブログ記事を目にします。
ブログ価値が上がらないので辞めた方が良いかと思います。

PR|生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報AGAお悩み相談.com美容と健康女性ランキング会社経営に必要な知恵袋