タイトル作りから見るSEOライティング

ブログ等をしていると、どうしても気になってくるのがアクセス数です。高いアクセスを求める理由は人それぞれですが、いつもより多くアクセスがあると嬉しいものです。
ですがアクセス数ってどうしたら伸ばせるのでしょうか。人々が検索エンジンでサーチするワードを意識してライティングを行う。世間で言うSEO対策の一種をすれば伸びるのでしょうか。
今回はタイトル作りという点から、アクセス数を意識したSEOライティングとはどのようなものなのだろうか?を音楽というジャンルを用いてお話ししていこうと思います。

せっかく作った記事等を投稿したらアクセスが伸びると嬉しいものです。自信作が伸びた日にはちょっと気持ちが舞い上がることだってありえるのではないでしょうか。
ですが、逆のパターンもあります。せっかくの自信作なのにアクセス数が!と悔しい思いをすることだってあります。
アクセスを伸ばすうえで求められるであろう基礎の一つとして、記事のタイトル「見出し」にあたる部分を意識することが大事だと筆者は考えます。先ほども検索を意識したワードを使用するのが良いのだろうか?とお話ししましたが、それは一体どんな言葉なのでしょう。

たとえば、音楽ソフトの使い方を紹介する記事のタイトルを考える際
『音楽ソフト〇〇の使い方!』ではなく
『【DTM】音楽ソフト〇〇の使い方!【自宅で作曲】』
と記事の内容に関連する言葉をタイトルに含ませると、検索にヒットしやすくなる傾向があります。
DTMは一大ジャンルであり、日々注目を浴びる言葉で近年さらにそれは高まっています。DTMのように日々注目を浴びるワードを使用することは検索でのヒットを意識するうえで大事なことの一つだと考えます。
また「自宅で作曲」のような記事の内容とマッチしており、なおかつキャッチコピー性のあるワードを使用することは、読者の方の心を掴むうえで大事なことの一つだと考えます。

今回は音楽というジャンルを用い、アクセス数を意識したSEOライティングの手法をタイトル作りという点から見てきました。
なにかの参考になったら幸いです。お読みいただきありがとうございました。